20170116


「夫人小説大全」の資料の一部


新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

……などとしれっと書きましたが、元旦からすでに2週間。
今さら感が強いですけど、ま、いいじゃないですか。
それはそれとして、ブログの更新もだいぶ止まったままで「夫人小説大全」などはさらに止まったままで心苦しい限りです。
といっても遊び暮らしていたわけじゃないんです。
2016年は短期を含め、5つのバイトを渡り歩きました。
なにやってんだか!
けど、本にまつわる仕事が多く、無駄に好奇心もある方なので概ね楽しくやっていました。
といっても、一からメモとって覚えたりしないといけないので、当たり前ながら他のことはほとんどできないですね。
それに懲りたので、今年はあまり動かず執筆活動に力を入れようと思う次第。
昨秋から某大学図書館に勤務しておりまして、資料はたくさん借りられるし、ソファ席などで書いたりもできるので大いに活用させていただこうと思う次第です。

そうそう、昨年は『力士工 婚活殺人事件』randam_butter)も出させていただきました。
御入場をお断りしなければならないほどの大盛況でした(入れなかった方におかれましては誠に申し訳ありませんでした)。
幸い、本の方もとてもご好評いただき、増刷させていただいた所存。最近またAmazonでも復活したので、読んでいない方はこの機会にぜひお求めください。
また、誠光社さんでもお取り扱いが始まっていますのでどうぞよしなに。
ブログ連載から少し加筆もしています。
感想まとめもあるでよ。
それと、16年といえば『雲遊天下』(ビレッジプレス)さんで一年連載させていただきました。
連載なんてものは初めてだったのでとても嬉しかったです。

仕事以外では、生まれて初めてアイドルにはまりました、ははは。
わたしが思いの丈を噴出した9000字コラムはこちら
そもそも誰かにはまるということがほとんどない人生だったので何もかもが新鮮で、且つ(インディーズ)アイドルの、卒業だのソロだのインフル欠場だの活動休止だの再開だのという「物語」には大いに大いに翻弄されました。
その翻弄の頂点は、先日友達が楽器演奏で参加したこと……。
グループは16年内で一旦活動休止、2/18の赤坂ブリッツでのワンマンで復活するそうなので、まだまだ目が離せません。
というか、ファンのライフは0なので、心臓に悪いニュースはもうやめて……。

えっと「夫人小説大全」についても触れておこう。
なかなか更新できていませんが、まったく諦めておりません。
しかし誰も読んでいない、今後も読むことはなさそうな本をおもしろく解説するというミッションはまとまった時間がとれないとなかなか難しく。
なんて言い訳でしかないのですが、もう少し書き方を変えてみようかなあとも思ってます。
突然、口調が変わっても読んでくれるかい?(誰に言ってんだか)

それと、2年がかりで書いていたものの諸事情で止まっていた本荘幽蘭の評伝ですが、今年は動きがありそうな予感です。
この原稿に関しては語りきれないほどの紆余曲折がありましたので、完全に決定するまで差し控えさせていただけたらと思います。
結構傷ついてるんですよ、これでも。
また、それ以外にも書籍の企画はたくさんありますので、今年はなんとかかたちにしたいものだと思っております。

さてさてさて。
昨年の『力士工 婚活詐欺事件』に続き、randam_butterさんで新刊を出していただきましたよー。
フランス人形たちのつんとした表情の画像に意地悪なセリフをつけるという、古くは08年ごろにmixiで始めた遊びを本のかたちにしたもの。
現在、中野タコシェさん、Amazonなどでお取り扱い中です。
こちらも出版記念イベントしたいとは思ってるんですが、どこかいいところないかしら。

……とまあ、相変わらず夢見がちなことばかり書きましたが、今年も何かとお付き合いいただけたら嬉しいです。
今年もどうぞよろしくお願いします。

平山亜佐子

20160913



だいぶご無沙汰していてすみません。
書きかけのエントリはいくつかあるのですが、まとめる時間がなかなかとれず。
そうこうするうちに平気で数カ月経ってしまうのだから恐ろしい。
というわけで(?)今日は軽めのネタを。

先日、資料の棚を整理していたら懐かしいノートが出てきました。
86〜87年ごろに友達と二人で書いていた、その名も「死語ノート」。
当時の感覚で死語だと思った言葉を書いていくだけのものですが、ざっと1100語ほどありました。
固有名詞や人名も混ざっていたりしてなんの整理もされていませんが、見返しているとなかなか面白い。

例えば、「ぶりっこ」は有名ですが、ぶりっこのことを「はまち」ということはすっかり忘れていました。
また、「やばい」の進化形「ちゃばい」も今回思い出した言葉。
それから「芸が細かい」「チェック厳しい(入ってる)」「ポイント高い」といった言い回しも懐かしい(このへんはとんねるず辺りが流行らせた可能性も?)。
あと、ぼやかした言い方には「〜という噂もある」「約X名」「誰とは言わないけど」などいくつかバリエーションがありました。

その他、ジャンル不同で気になったものを抜き書きすると……

アナクロい
プロい
ハクい
はずい(恥ずかしいの意)
ウブい
クサい(わざとらしいの意)
フケる(サボるの意)
ありがち
おや?
キテる
ノってる
いいかもしんない
やってくれるよ
やる時やる
大ボケ
〜ってやつ。
パープリン
頭がピーマン
頭が春
頭、元気?
同類項
はずしたな、と。
好きくない
やめれ
歪んでる
るんたった
オジン、オバン
パーペキ(完璧の意)
どうぞご勝手に
過去の栄光
暗い過去
天然記念物
半殺し
サクセスする
陸(おか)サーファー
午前様
単細胞
ヒス(を起こす)
力(リキ)を入れる
〜のオンパ(オンパレードの意)
ワンパ(ワンパターンの意)
ワンマンプレイ
ロマンスグレー
ヤマ勘
スリル満点
マルチ人間
関係ブー(関係ないの意)

などなど。

文字にすると普遍的な言葉に見えるものもありますが、独自のニュアンスがあるんですが、その辺りは同世代じゃないとわかりづらいかも。

こうしてみると、80年代後半には70年代終わりから80年代初めの言葉がもっとも死語に感じることがわかります。
だからなのか、全体的に浮かれているというか好景気感、バブル感が漂ってますね。
逆に、一周まわって死語じゃなくなった「キモい」「メモる」「トラブる」なんかがあったのも興味深かったです。
「死語」は、「死語」として永遠に固定されるのではなく、時代毎に「死語」に感じるというだけのことなので、何をそう感じたかで当時の空気がわかることが、今回の発見でした。

言葉って面白いです。
また「死語ノート」始めようかな。














20160327



大正14年9月28日に起きた「イタリー人狙撃事件」のお話も3回目。
今日はこの事件がいかに世人に注目されたかを物語る二つの事象をお話しましょう。

ひとつめ。
この事件の予審調書が流出しました。
というのは嘘で、そういう体の偽書が出回りました。
題して「罪の日の裁き」。
「偽作リッチ・愛子事件予審調書」『禁書類従 第10集(上)』銀座書館より(以下同)

内容は少女愛子がリッチにいかに手込めにされたか、という告白を装ったエロ本で、調書風に手書きになっていたりなかなか手が込んでいます。



そうかと思うと、御丁寧に春画風の絵がついていたりして、よくわからない出来になっています。



これがどれほどの信憑性を持って受け止められていたかはわかりませんが、少女と大人というだけでなく日本人女性と外国人という組合せが、暗い興味をそそったのでしょう。
当時のこの事件の消費の方向が透けて見える気がします。


そしてふたつめとしては、なんと事件が映画化されました。
タイトルは「踊り子の指輪」。


大正14年10月23日付読売新聞。右が「踊り子の指輪」のスチール。

島津保次郎監督、吉田百助脚本、桑原昴撮影、松竹蒲田で大正14年10月に封切られました。
出演は英百合子、筑波雪子、松井千枝子、林千蔵、秋田伸一、河村藜吉、武田春郎など。
こちらのサイトの一番下にもスチールが出ています。
が、残念ながらどこに保管されているか不明で現在観ることは叶わないようです。